植物学(しよくぶつがく)とは、ギリシャ時代(希臘語)の哲学者によって全ての生物(いきもの・せいぶつ)は動物学(どうぶつがく)と植物学に分類され対をなす学問の一方として研究(植物研究)が始まった。後世、両学は生物学(せいぶつがく)として総称される名称が用いられるようになった。
植物分類
研究が進むにつれ膨大な種類の資料の中、分類学(ぶんるいがく)が取り入れるようになった。これは身近なことに例えるなら、個人撮影した写真整理に似ており用意された文件に主題収納し文件間の枠組みが考えられる。つまり詳細を述べるなら最小単位と考えられる原種(げんしゅ)の中の個体(こたい)を性質や特徴、長さ、形、色、香り、質感ごとに文件収蔵し、樹形図(じゅけいず)を成して整頓される植物分類学(しょくぶつぶんるいがく)と呼ぶ方が的確である。
植物解剖
植物のほんのひとにぎりの纏まり「組(くみ)」だけが食用に供されその完熟果実や根菜野菜、緑黄野菜、植物油や種子など内部が周知の事実であるが、植物学者(しょくぶつがくしゃ)は非食であっても植物研究所や野外で丹念に調べる解剖学(かいぼうがく)に勤しんでいる。

学名とは
植物名は多様な言語で使用されており、それぞれ生息範囲の広さが広がれば広がる程より名称の数は増えます。こうした問題を避けるために学名が用意されています。この問題は学名においても同様で文字の発音が異なる場合、原音に近づけ自国語での表記に置き換えが多発します。この場合名称の源義とは異なり本来の意義が損なわれてしまいます。置換えされた名称は別の植物(あるいは動物であることもしばしば)との関連性が高まり、このようなケースではその内容に沿った推奨植物(あるいは動物)をご案内できるよう努めて参ります。
ギリシャ語は希臘文字が使われており、これを変換した世界標準英数に最も近縁のラテン語のローマ字が『名称源義の基準指標』と考えるべきです。ギリシャ語は歴史的に中東語から発達したという経緯が有るが学術的な時代的検証が困難で、現代ヨーロッパ言語や学名に使用される単語とは大きな乖離が生じており世界中の人々が理解できない危険性を秘めています。科学の礎を築いたという意味においても南欧ヨーロッパラテン語圏の表現方法を通してギリシャ語を理解することが望ましいと言える。
植物学者
植物学者(しょくぶつがくしゃ)は、それぞれの専門研究分野を持っているが大別すると草学と木学(もくがく)に二分される。植物への興味を寄せる大半の人々の対象は草学者が研究する草でありながら木学者の木は、『草の生みの親』であり、祖先探求する学問という側面からはより重要な位置に居る。胞子によって増えるシダ植物は、シダ植物門とヒカゲノカズラ植物門のふたつの群に分かれる。また菌類は菌界(ミクロビオ)の内、木ノ子、黴(カビ)、酵母は生物分解の働きを担い生循環の輪に組み込まれる。水性では藻類に属する海藻や淡水藻などの水草あるいは苔が植物界に帰属する。
●人類のルーツがアフリカというのが定説でアフリカ人の標準語がフランス語です。これは植物の根の起源にも深く関わっていることを示唆します。
●植物化学物質は植物によって生成される化学化合物であり、一般的に真菌、細菌および植物ウイルス感染に抵抗し、昆虫や他の動物による消費にも抵抗するのに役立ちます。